実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しで

実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しで

実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を要求しようとするのなら、敵の情報は必要ですし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を掴まなければなりません。もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を貴方に届けてくれますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を届けて貰えるのです。日々、相手の生活の様子を観察するのは他人に頼まなくてもできますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるのには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

 

そして、探偵に頼む場合、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。興信所と探偵事務所の違いとしては、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。
浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たような仕事をしています。

 

 

ただ、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

 

自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。
経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

 

素人が調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

 

 

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

 

 

 

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談することをオススメします。離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをまず考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

 

 

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。

 

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。
第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。GPSが繋がるものを使って、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、必ず来るはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも、やってみて損はないと思われます。GPS端末が付けられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。

 

 

夫が浮気しているところを奥様がつかまえてとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

 

 

 

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、相手を刺したり、殺してしまうシナリオもよくありますね。配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。

 

 

 

離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなどいろいろな事を鑑みて裁判所が決定します。