実際、もう離婚になってもいい、もらえる慰

実際、もう離婚になってもいい、もらえる慰

実際、もう離婚になってもいい、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、できるだけ避けましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。

 

信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するという方法があります。

 

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。

 

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、相手に見つかるというリスクが高くなります。その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。
たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。
最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡を取ることが多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。何気なく電話していることも十分ありえるのです。

 

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3?4日かかるといわれています。

 

しかしこれはあくまでも平均的な日数です。

 

 

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあり得ます。一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。

 

しょっちゅう同じ電話番号から電話を受けていたりまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が非常に高いと言えます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を突き止めるだけでいいのです。
ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手と電話をしたあとにしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。