配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼す

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼す

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。
また、探偵業の許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。

 

 

法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

 

 

しかし、単独で行くのは、揉める元なので、止めるようお願いします。信頼する人に付いて行ってもらえば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
自分でいろいろするよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

 

 

探偵に依頼する方が、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

 

 

 

自分で手を尽くして調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。

 

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
身なりを確認して浮気の裏付けをすることもできます。

 

人が浮気をすると、著しいのは身なりの変容です。以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたら注意する必要があるでしょう。いつか浮気しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。

 

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

 

 

 

また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認がいります。探偵に依頼するなどし、浮気の証拠が掴めます。

 

 

 

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

 

 

でも、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。

 

 

理由としては単純で、顔がばれてしまっているからです。

 

 

 

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判官が判断します。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だったとすると3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功として扱われてしまいます。浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。
探偵が浮気調査する時でも失敗する場合があるでしょう。探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗することが全くないとは言えません。

 

 

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

 

それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を入手しようがないです。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。たとえ探偵が浮気調査をしても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

 

成功報酬にするのかどうかについても、依頼をする時に決めておくことが大事だと言えます。