探偵をお願いすると高くなるので、「

探偵をお願いすると高くなるので、「

探偵をお願いすると高くなるので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので変に思われず相手を見張り続けるというのは簡単じゃありません。
変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

 

あったことをなかったことにさせないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

 

日々の生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。

 

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

 

豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

 

 

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査をお願いすれば得をするかと言えば実際にはそうでない場合もあります。

 

 

普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、料金の支払いをしなくてよいので依頼者は損をしなくて済むように感じます。

 

そのため、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、選んでいる人さえいるのす。

 

 

 

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。しかしこれはあくまでも一般的な期間です。
浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあると思っていてください。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。
浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。

 

確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

 

調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を押さえるのです。

 

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはしないほうがいいでしょう。
浮気していることが明らかになってしまうと相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になるかもしれません。

 

 

 

また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に、大きく消耗することになります。食事をした際の請求書にはご飯を一緒に食べた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに確かめるようにします。

 

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と宿泊したと推測される場合があるでしょう。

 

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが見つかったならば、離婚するかしないかなかなか決められずに困りますよね。

 

まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

 

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

 

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

 

ただし、配偶者が不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を求めることが難しいでしょう。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等色々な事を考えて裁判所が決定します。
本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。浮気を探偵に調査してもらうなら、薄型のカメラなども用いて相手にバレないように鮮明に写真におさめることができます。